大手企業の事業開発から営業サポートまで、新規事業の立ち上げ支援を主軸とした事業を展開するオープンアソシエイツ株式会社。
グループに国内RPA(Robotic Process Automation) No1企業を有し、人間に代わってAIや機械学習等を含む認知技術を活用した仮想知的労働者「Digital Labor」による業務自動化事業に注力しています。

今回はマネージャーの北島様に、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を導入いただいた経緯と活用方法、そして今後の展望について、お話を伺いました。

オープンアソシエイツ_受付ロゴ

導入のきっかけ~アナログ管理から徹底したデジタル管理へ~

オープンアソシエイツ_北島様北島:導入以前は、社内での大事な名刺情報の管理は社員各々に任せていました。

ファイリングする者もいれば、エクセル入力で管理する者もおり、会社全体として統一の管理方法がなく、「不便」と言う声が社内でも上がっていました。
セールスマーケティングの支援業務の中でも、顧客情報のリスト作成をエクセルで行っていたため、その作業効率化にも使えるようなツールを探すことになりました。
名刺管理システムを導入することが決まり、何社か検討をした上で、最終的にCAMCARD BUSINESSを導入。シンプルな機能・安価なコストが決め手でした。

現在では社内ほとんどの社員が使用しており、部署ごとにCAMCARD BUSINESSへのデータ取り込みを確認する担当者がいらっしゃるとのこと。
毎朝行われる朝礼の場で、CAMCARD BUSINESSへの名刺情報の取り込みを促すなど、徹底されていらっしゃいます。

導入後の変化~名刺のデジタル管理がつなぐ新しい人脈

オープンアソシエイツ_北島様02
北島:導入する前は、新規でアプローチしたい企業へのコネクションを
持っていそうな社員に直接人脈の有無を確認していました。
しかし、CAMCARD BUSINESS導入後は社内の名刺情報に検索がかけられるので、担当者が不在でも確認することができ、直接確認する手間も省けたので、スムーズに人脈の共有ができる便利さを実感しています。

今後の展望~世界No.1のRPAカンパニー

現在は、グループ会社全体で、RPA(Robotic Process Automation)事業に注力しています。
RPAとは、主に会社の事務的な作業をロボットに任せると言うような事業で、RPAを用いたロボットに名前をつけ、入社式を行い、一緒に働くという業務スタイルも大手金融機関を中心に始まっています。
今後は、AI(人工知能)やOCR(光学文字認識)と連携したRPAの開発により、現在は人の確認が必要な、きめ細やかな作業など、ロボットが担うさらなる業務領域の拡大が期待されています。

オープンアソシエイツ_社内

 

 


オープンアソシエイツ株式会社は、部活動が盛んで10ほどの部活動があり、北島様はテニス部の部長をされているそうです。

さらに、管理部への相談次第では、体力づくりのためのジム費用や、親睦を深めるための懇親会費用などを一部会社が負担するなど、社員の希望を叶えてくれるなんとも太っ腹な会社なんだそうです!

 

 

名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」 資料請求はこちら
ccb_seikyu

毎週配信!メルマガ登録はこちら
mailmagagine_banner