『ベンチャーに必要な広報PRを適正価格で。』株式会社ベンチャー広報は2010年の設立以来、ベンチャー企業にあったサービスを適正価格で提供しているPR会社です。

ベンチャー企業のための、PRエージェントとして攻めの広報を得意とし、クライアント数は180社を超えています。
今回、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を導入いただいた経緯と導入後の効果についてお話を伺いました。

スマホで完結できる手軽さとスピーディな対応が重要
名刺管理は思ったより面倒ではなかった

—以前感じていた名刺管理の課題

社員全員が、名刺情報を個人で管理していました。エクセル管理でデータ化している人もいれば、データ化しないで箱やファイルで管理している人もいる状況でした。
業務上、各々にクライアント様の案件を抱えて動いていて、アプローチする先のメディア情報を共有するケースがあるので、データを一元管理しようと考えましたが、名刺の枚数が多く手作業での入力は時間もかかるし大変だなと。

 

気に入っているのは、業務スピードを加速するスピード感

—CAMCARD BUSINESSを選んでくださった理由
まずはじめに、個人的に、某他社の名刺管理アプリを以前から利用していました。ただ、会社のメンバーみんなで使える共通のソリューションを探していて。調べてみた結果、CAMCARD BUSINESSはほかと比較しても安く、実際にトライアルを試用したら補正無しでも読み込み精度が高いと感じました。
・スピード
名刺を読み込んでデータ化するのに2日間ほど反映に時間がかかっていましたが、CAMCARD BUSINESSは本当にすぐ反映されます。特に、業務で一番利用するメールアドレスと電話番号は高い精度ですぐに登録されるので「御礼メール」を送る際にも間を空けずに対応できるように。

・共有
共有設定をしているメンバーが、誰にいつあったかなどの情報を確認できるし、「商談情報」にメディアの方の情報などを記録できるのでクライアントの要望に沿って、より効果的なタイミングでアプローチが可能になりました。

・データ抽出
各クライアントごとに、メディア名の共有を行う必要があるのですが、その際も簡単にデータをエクセルにエクスポートできるので便利です。

導入結果:チャンスを逃さない効果的なアプローチが可能に

メディア記者の方が募集しているネタを、自分以外のメンバーにも迅速に共有することで、自分の担当案件では当てはまらない内容でも他のクライアント案件で取り上げていただけたケースがありました。PRにとって大切な情報収集の面でも、名刺データを通じて行うことで無駄な時間を減らせています。

ベンチャー広報は社員数が少ない会社ですし、最低限の名刺管理をシンプルに、でも確りと行えることが理想です。複雑な機能をもて余してしまうよりも、CAMCARD BUSINESSのようなシンプルなサービスがベストだと言えます。

企業で管理者を立てて管理するより、個人が手間なくスピーディに管理したい。スマートフォンで取り込みからメール送信までの作業を完結させたい。など、名刺管理そのものにめんどくささを感じて億劫になっているようでしたら、使ってみてほしいサービスです。

 

 

株式会社ベンチャー広報
東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル6階
Tel:03-6869-8003

 


名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」 資料請求はこちら

ccb バナー
 
 
trial_ccb

bt_trial10