ふりがな(氏名の読みがな)の仕様について

Home » 3.ユーザー向け利用 » 3-1 ウェブ操作 » ふりがな(氏名の読みがな)の仕様について

■ふりがなが振られない=取り込み方法による違い

・スマートフォン撮影の場合→機械的な処理でふりがなが振られます。

・Excelインポートの場合→機械的な処理でふりがなが振られます。

・ScanSnapスキャンの場合→ふりがなが振られません。

 

■ふりがな項目の表示

・ウェブ版の場合→名刺編集画面にて、ふりがな項目が表示されます。名刺入れ(名刺一覧)および名刺詳細画面には表示されません。

・スマートフォン版の場合→ふりがな項目がありません。そのため、スマートフォン版ではふりがなを確認できません。

 

 

■ふりがなの振られ方

ふりがな(氏名の読みがな)は、OCRにより、自動的(機械的)に振られます。

※氏名の「読みがな」が記載されている名刺の場合でも上記ルールに則り、名刺記載の「読みがな」は文字列と認識されず、スルーされます。

例)以下のように読みがな記載の名刺であっても、読みがながスルーされ、OCR補正により、自動的(機械的)に振られます。

[名刺記載]

————————————————–

Unnamed QQ Screenshot20161219142326 ←スルーされます。

Unnamed QQ Screenshot20161219141942

————————————————–

アップロード完了

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[取り込み後]

————————————————–

Unnamed QQ Screenshot20161219142434 ←OCRにより機械的に振られます。

Unnamed QQ Screenshot20161219141942

————————————————–

 

■氏名を手動で編集時、「ふりがな」欄を空白状態で保存できない。

ふりがな欄が空白(文字を何も入力しない状態)のまま「保存」した場合、システムにより自動的にふりがなが振られます。

ふりがな欄が空白のまま「保存」をクリックします。

Unnamed QQ Screenshot20161111193303

 

名刺を開き直すと、ふりがな欄にシステムにより自動的に振られたふりがなが挿入されます。

Unnamed QQ Screenshot20161111193334

※上記のようになってしまった場合、ふりがな欄を修正(編集)して、「保存」することで、修正した正しい文字列が反映されます。