役割(権限)の違いは?

Home » 1.管理者向け初期設定 » 1-3 ユーザー作成 » 役割(権限)の違いは?

役割(権限)は以下の4つがあります。

「企業管理者」……すべての操作が可能。最低一人存在します。
「標準ユーザー」……「管理」機能以外すべての操作が可能。
「管理者」……「管理」機能のみ操作可能。
「読取専用ユーザー」……名刺の閲覧、メール配信のみ可能。

[役割一覧表]

Unnamed QQ Screenshot20161208162344

※一般的には、企業管理者をお一人または複数名設定し、残りはすべて標準ユーザーで作成する場合が多いです。

※※企業管理者または管理者は、自分自身およびユーザーの役割の変更が可能です。
ただし最低一人は企業管理者が必要なため、自分自身のみが企業管理者の場合は役割変更できません。
(別のユーザーを一旦企業管理者に変更することで自分自身の役割が変更になります。)

※※※「企業管理者」「標準ユーザー」から「管理者」「読取専用ユーザー」への変更(降格)はできません。
以下の画像において、「担当者」は「企業管理者」です。
ドロップダウンリストには「企業管理者」「標準ユーザー」いずれかのみ表示されます。
(役割を降格させたい場合は、お手数ですが、当該ユーザーを一旦「退職者として登録」後、役割「管理者」または「読取専用ユーザー」を付与してユーザー招待してください)

 

Unnamed QQ Screenshot20161215103940

 

「管理者」「読取専用ユーザー」から「企業管理」「標準ユーザー」への変更(昇格)は可能です。

Unnamed QQ Screenshot20161215103824